うつ病の症状を緩和させよう|治療の方法を詳しく解説!

男性

種類別の特徴

病院

違いがあります

社会のストレスや家庭環境などから昔より年々とうつ病は増えてきました。主な原因はまだ確証的ではないですが、身体的な要因である脳の神経の働きと環境的な要因であるストレスが主だと考えられています。そんなうつ病には実は種類があります。二つに分けられていて、一つ目は親和うつ病と呼ばれるもの、二つ目は非定型うつ病と呼ばれるものです。それぞれなりやすい人の特徴というものがありますが、その症状はどちらも似ています。物事に対しての意欲が出なくなり、心から笑えなくなります。そして、心身ともに怠惰感や疲労感を感じるようになり、疲れているのにストレスを感じると不眠症にもなる方もいます。こういった症状はうつ病特融のものなので、1ヵ月近く変わらないといった事があればうつ病の可能性が高くなります。また、親和うつや非定型うつになりやすい人というものが分かっています。新和うつに関しては、真面目でとても誠実な完璧主義タイプが多い傾向にあります。完璧主義故に周りへの気配りも仕事への情熱も人一倍なために過度なストレスがかかり、結果うつ病の症状の他に何もできなくなったり食欲不振になったりといった症状も出てきます。完璧主義なのは自分の融通がきかない方も多いので、頑固なだけにストレスを抱え込みやすいためなりやすくなってしまいます。一方で非定型うつは色々と別名でも呼ばれるうつなのですが、なりやすいタイプが少し違ってきます。責任感から逃れようとし、自分を合理化してしまうタイプで、嫌な事がある時にだけその症状が出てくるのでただのわがままではないのかと疑われる事もあります。ですが、本当に本人自体は苦しく悩んでいて、現代人で今もっとも増えている病気と言えます。新和うつとは違い非定型うつは過食の傾向にあります。少しのストレスで症状が出てしまい、自分のしたい事をしているときは何の症状も出ないので周りからは理解されがたく、さらにそのストレスによって悪化してしまう事も多いです。その症状の出る時間帯があり、朝から晩まで時間を問わない親和うつとちがって、夕方から夜にかけて出るので夕暮れうつとも別名で呼ばれる事もあります。このように二つの種類がありますが、親和うつの場合患者は中年の男性が多く否定型の場合は若い女性に多いという事がわかっています。ある程度社会で地位につき、周りへの配慮もしながら仕事の責任もあるとなると完璧主義者の方ならなりやすいのが納得できます。そして反対に若い女性は少しのストレスにも過敏な方が多く、プレッシャーにも弱くとても繊細なためなりやすい事も理解できます。どちらの病気も初期は軽い症状ですみますが、深刻になっていくと生命を煩わせる事にも繋がりかねないために早期発見して治療を早めに進めていく事をおすすめします。周りから大丈夫かと声をかけてもらっていても、隠そうとする特徴もあるのでまずは自分の心に耳を傾けて素直に向き合う事がとても大切になってきます。その症状の特徴なども最近ではネットなどで簡単にセルフチェックできるようになりました。もしかしてと思う方は一度試してみるのが良いでしょう。